赤ちゃんは泣いても涙が出ない!嘘泣きじゃないんだよ!


スポンサーリンク

どうも、ちゃぴ(@chapilog)です。

産まれたばかりの赤ちゃんは、泣くこと以外に感情を表現することが出来ません。

しかし泣いている赤ちゃんをよく見ると、いくら泣いていても赤ちゃんは涙が出ていないことがわかります。

でも「これは決して嘘泣きではないんですよ」「赤ちゃんは泣くのが仕事ですよ」というお話です。

新生児は泣いても涙が出ない

写真はうちの長女の生後7日目の時のものです。大泣きしているんですが、涙は全く出ていません。

これは、新生児である赤ちゃんは涙腺が未発達であるということが理由です。

新生児期の赤ちゃんも、身体的な不快さを感じて泣いたときにはちゃんと涙が分泌されています。

新生児期から生後2~3ヶ月ころまでの赤ちゃんは涙を作る機能が未熟なので、目から溢れ出るほどたくさんの量を作ることができないため、外からは見えにくいのです。

また、脳の発達も未熟なので、寂しい、悲しいなど精神的な不快さを感じて泣く場合には、まだ涙を分泌することができません。

泣くことしか出来ない赤ちゃん

新生児期から生後2~3ヶ月までの赤ちゃんは、泣くこと以外に意思表示の手段を持っていません。

おなかが空いたら泣きます。

おむつが濡れて気持ち悪くなったら泣きます。

気分が悪くなったら泣きます。

寂しくなったら泣きます。

泣くことでパパとママに気付いてもらおうとすることしか出来ません。

しかし赤ちゃんは涙が出ないので、初めての育児で疲れきっているパパやママの中には、「嘘泣き?」「構ってほしいだけ?」と疑ってしまう人もいます。

決して嘘泣きではないのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんが泣くのはコミュニケーション

大人が自分の思い通りにならず泣いていたら、それはワガママですし、嘘泣きです。

「お腹がすいた」「トイレに行きたい」といちいち泣いているようでは、そもそも大人とは言えませんが。

しかし前述したように、赤ちゃんは泣くことしか出来ません。

お腹がすいても、おむつを替えてほしくても、それを伝える手段が泣くこと以外にないのです。

生後数ヶ月経ってくると、赤ちゃんにも様々な感情が芽生え始めます。

赤ちゃんのお昼寝の隙に洗濯物を干していると、目を覚ました時に、ママが目の前にいなくて寂しくて泣くこともあります。

ただただ、抱っこしてほしくて泣くこともあります。

しかし、これは決して嘘泣きではないのです。

赤ちゃんは『寂しい』という感情がまだわかりません。また、わかっても言葉で伝えることが出来ません。

赤ちゃんが泣くのは、パパやママを頼っているからです。

泣くことは、赤ちゃんの唯一のコミュニケーション手段なのです。

うちの長女の場合

私事ですが、長女を出産した時は私はシングルマザーでした。

頼れる人間がおらず、毎日泣いてばかりの娘と家に引きこもり状態で、育児ノイローゼになりました。

何故泣いているのかもわからず、育児ノイローゼの間は辛い日々が続きました。

しかしある日、娘が泣きながら私の指を必死で掴んでいることに気付きました。

その時は、抱き抱えて笑いかけると、安心したように笑って眠ったんです。

ママの不安は赤ちゃんにも伝わるんだと実感しました。

もちろん、いつも抱き抱えるだけで眠るわけではありません。

しかしそれからは「この子が頼れるのは私だけだ」と気付き、「泣いているのは何かのサインなんだ」と必死で考えられるようになりました。

2年もすればたどたどしくても会話が出来るようになります。

長女はもうすぐ6歳になりますが、当然ながらもう意思疎通もしっかり出来ます。

それどころか私の知らない内にどんどん成長していき、いつかは私の手を離れていくことに気付きました。

手がかかるのなんて、付きっ切りでいないといけないのなんて、たった数年のことです。

むしろその数年だけは、全てを自分に委ねて頼ってくれるのです。

まとめ

今回は赤ちゃんが泣いている時に涙が出ない理由と、赤ちゃんが泣く理由についてのお話でした。

初めての育児だと尚更、赤ちゃんが泣くことを辛く感じることもあります。

しかし赤ちゃんが泣くのには必ず理由があります。

手がかかるのは、たった数年のこと。泣くことしか出来ないのなんて、たった数ヶ月のことです。

いつかは必ずパパやママの手を離れていきます。自分の意思を持って行動するようになります。

だから泣いてばかりの内に、可愛い我が子をたくさんたくさん愛してあげて下さいね。

おしまい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です