[PR]買うから借りる時代へ。レンタル商品のメリットとデメリット。

あなたは、レンタル商品を利用したことはありますか?

商品によっては、今は「購入」よりも「レンタル」が主流となりつつあります。

レンタル商品のメリット

妊娠すると必要になる、ベビーベッド。

しかし実際に使用するのは、1年足らずです。

赤ちゃんはすぐに大きくなりますし、ベビーベッドはすぐに必要なくなるものです。

その後は、ベビーベッドを収納というわけにもいかず、処分に困る方も多いです。

こういった、「必要」だけど「すぐに不要」になるものがレンタルとして大人気なのです。

しかも、購入するよりもずっと安い!

物によっては、購入の10分の1の値段で1年も借りられたりします。

スポンサーリンク

レンタル商品のデメリット

もちろん、レンタル商品にもデメリットはあります。

代表的なものは、弁償金です。

壊してしまったり、汚してしまったりすると、商品の修理代や買取費として結果的に多くのお金がかかります。

しかし、基本的には普通に使用していればかからないものです。

子供の七五三の着物など、子供が使用するものは汚れが気になりますが、生活上仕方ない程度の汚れなら大丈夫な会社も多いです。

レンタルする前にしっかり確認しておきましょう。

まとめ

今回はレンタル商品のメリットとデメリットを簡単にご説明させて頂きました。

以下のサイトでは、お得なレンタル商品情報をまとめてくれています。

レンタル商品に興味を持たれた方は、是非一度ご覧下さい。

買うから借りる時代

ABOUTこの記事をかいた人

ちゃぴ

平成2年生まれ、小1と1歳の女の子のママ。2017年1月に3人目を出産予定。境界性人格障害など複数の精神障害を抱えながら元気に生きているただのゲーム好き。好きなゲームはポケモン・モンハン・ドラクエなど。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です