ランプ錬金+結晶金策を組み合わせ!時給はいくらになる?〜初心者のランプ錬金3日目〜

ちゃぴ
バージョン2終わったよ!!![/char]

どうも、ちゃぴ(@chapilog)です^^やっとこさVer,2.4までのストーリーが終わりました…。

最後は泣きながらイベントムービーを見てましたよ。旦那に冷めた目で見られながら。

ランプ錬金+結晶金策

バージョン2をクリアしたので、サクッと結晶緩和クエストの「赤いエクササイズ」を終わらせてきました^^

ということで、今日は錬金+結晶での金策の時給をはかってみました。

下準備

  • クエストNo.403「赤いエクササイズ」をクリアする
  • 真のコニウェア平原のルーラストーンを登録しておく
  • ギルドのルーラストーンを登録しておく

時給計算

  • バザーで錬金に使用する装備や素材を探し始めるところから時給計算スタート
  • 汗と涙の結晶を取り出し、バザーに出品するまでの時間で計算

バザーで装備・素材を落札

まずはバザーで錬金する装備を探します。

奇術師シリーズしか知らないので、武器・盾で悩みました…。

錬金に必要な素材はほとんど所持していましたが、今回は足りない分は店売りのものを購入しました。

(所用時間約10分)

ランプ錬金

武器・盾・帽子・体・体下・腕・足の全7部位に錬金して装備します。

武器と盾が★2なのは、★3よりも利率が高かったからです。

特技などを所用せずに、思考停止Aペチで高速で錬金しただけの簡単なものです。

(所用時間約20分)

モンセロ温泉峡でバングル狩り

ルーラストーンでコニウェア平原に飛び、すぐそばの扉からモンセロ温泉峡へ。

ここでひたすらグリンバングルとイエロバングルを倒します。

ちなみにパーティー編成は

  • 魔法使い(自分)
  • バトルマスター(サポート)
  • 賢者(サポート)
  • 僧侶(サポート)

で行きました。

ストーリー進行のために借りていたサポートとそのまま行ったので、多分もっと効率の良いパーティーがあると思います。

使い込み度が100になると画面下にメッセージが出るので、ルーラストーンでギルドに向かいます。

ギルドに行くのは、素材屋とバザーが近いからです。他の場所でも構いません。

(所用時間約25分)

結晶取り出し→バザー出品

素材屋さんで装備していた全部位の結晶を取り出してもらいます。

今回は汗と涙の結晶が70個になりました。

内訳は以下。

装備名 結晶数
よるのパピヨン+2 5個
まほうの盾+2 5個
きじゅつしのぼうし+3 13個
きじゅつしの服+3 13個
みかわしの服下+3 7個
きじゅつしのグローブ+3 13個
きじゅつしのブーツ+3 14個

この汗と涙の結晶をまとめてバザーに出品します。

(所用時間約5分)

ここまで1セットで、かかった時間は約1時間でした。(厳密には58分)

ちなみに、結晶はその時の最安(2,600G/個)で出品したので5秒で売れました。

スポンサーリンク

時給を計算してみました

約1時間で1セットだったので、今回の利益をそのまま時給として計算してみます。

まずはかかった費用がコチラ。

商品名 仕入れ価格
銀の錬金ランプ★1 2,790G
よるのパピヨン★2 2,890G
まほうの盾★2 5,000G
きじゅつしのぼうし★3 16,748G
きじゅつしの服★3 16,589G
みかわしの服下★3 9,900G
きじゅつしのグローブ★3 9,960G
きじゅつしのブーツ★3 10,982G
必要素材 7,170G
合計 82,029G

必要素材は、錬金に必要なようせいの粉などを全て合わせた金額です。

かかった費用の合計が82,029Gでした。

そして、取り出した汗と涙の結晶70個の売却価格がこちら。

ここから出品手数料の10Gを引いて、172,900Gが売り上げになります。

ということで、

172,900G-82,029G=90,871G

今回の時給は90,871Gでした^^

メリットとデメリット

今回の方法のメリットは

  • まとまったお金はそんなに必要ない
  • すぐに売れるので、売れ残りや価格競争を気にする必要がない
  • 思考停止でも出来る

といったところでしょうか。

まとまったゴールドが必要ないので、初心者でも手を出しやすいです。

ぼうしや体防具もみかわし・はやてなどを選べば元手は5万Gほどで出来ます。

逆にデメリットは

  • ストーリーを進めていないと出来ない(典型的なサブキャラでは難しい)
  • 通常の結晶金策に比べて時給が低い
  • 職人の評判が上がらない

といったところでしょうか。

通常の結晶金策は、基本的に1時間で7部位×3セットを行うので時給は30万Gほどになります。

今回の方法だと錬金している時間があるので時給換算すると効率が落ちます。

しかし、錬金した売れ残りの処分や、バザーがなかなか売れない時の時間潰しの手段としては良さそうです。

錬金→バザーも計算してみました

いつも通りのランプ錬金からのバザー出品でも、時給を計算してみました。

ただし、こちらは結晶と違って価格競争が激しくなかなか売れないため簡易計算です。

ランプ錬金3日目

下記が今日の錬金→バザー収支結果です。

販売価格はバザー出品手数料10Gと販売手数料の5%を引いた額を記載しています。

商品名 仕入れ価格 販売価格
銀の錬金ランプ★1 2,799G —–
錬金用素材 5,040G —–
きじゅつしのぼうし★3 16,467G 25,650G
きじゅつしのぼうし★3 16,502G 25,650G
きじゅつしのぼうし★3 16,496G 24,205G
きじゅつしのぼうし★3 16,512G 24,205G
合計 73,816G 99,710G
利益 25,894G
  • 装備選び・購入
  • 錬金
  • バザー出品

の、3工程を含めた時給を計算します。

今回は装備を選び始めてから錬金をして、バザーに出品するまで約20分でした。

調べた時は、錬金装備の中できじゅつしのぼうしが1番利率が高かったので、今回はきじゅつしのぼうしで計算します。

単純に時給換算すると3倍なのですが、ランプの使用回数を考えると単純に計算は出来ません。

今回の錬金回数を3倍すると、3×4×3=36回となります。

銀の錬金ランプは25回使用なので、もう1つ足します。

費用の計算は

(73,816-2,799)×3+2,799×2=218,649G

売り上げは単純に3倍して299,130G

299,130-218,649=80,481G

ということで、時給換算すると80,481Gになります。

ちなみに今日錬金した4つ全てが売れるまで、出品から3時間以上かかりました…。

時給はその時々の相場で変動するので一概には言えませんが、初級錬金で稼ぎたいだけなら自分で錬金して結晶を取り出す方が良さそうです。

スポンサーリンク

終わりに

ちゃぴ
ランプ錬金で稼いだ金額は3日間のトータルで266,748Gになりました![/char]

とりあえず、結晶金策を組み合わせるとどれくらい稼げるのかまでは調べられたので、ランプ錬金職人金策記録はここで一旦お休みします。

職人レベルは24になりました^^

もう少しレベルを上げて結晶用装備以外に手を出し始めたら、またブログを書きたいと思います。

それでは、またいつか!

おしまい。

裁縫職人を諦めた初心者がランプ錬金で稼ごうと企んでみた話。

2016.09.21

結晶装備は相場の変動が早い〜初心者のランプ錬金金策2日目〜

2016.09.22

ABOUTこの記事をかいた人

ちゃぴ

平成2年生まれ、小1と1歳の女の子のママ。2017年1月に3人目を出産予定。境界性人格障害など複数の精神障害を抱えながら元気に生きているただのゲーム好き。好きなゲームはポケモン・モンハン・ドラクエなど。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です