LINEの新機能Letter Sealingとは?白い鍵マークは一体何?

どうも、ちゃぴ(@chapilog)です。

LINEのアップデートで、トーク画面に謎の白い鍵マークが表示されて「何コレ?」と思った人も多いかと思います。

きっと、その疑問を持ったからこの記事に辿り着いたのでしょう!

今回はLINEの新機能である「Letter Sealing(レターシーリング)」について、なるべくわかりやすく説明します^^

Letter Sealing(レターシーリング)

さて、LINEのアップデートがありトーク画面にこのような表示が出た人も多いでしょう。

Letter Sealingが有効なトークルームではロックアイコンが表示されます。

多くの人がLetter Sealingという言葉に首を傾げたかと思います。

Letter Sealingとは、送信者の端末と受信者の端末以外にはメッセージ内容が解読出来ないように設計された暗号化通信方式です。

LINEを使用する場合には、当然「送信者」→「LINEサーバー」→「受信者」という順序を辿ります。

アカウント乗っ取りなどの被害に合った場合、他の端末からのログインでも自分のアカウントに届いたメッセージが読まれてしまいます。

つまり、Letter Sealingをオンにすることで、自分の設定した端末以外からは同じアカウントでログインしてもメッセージが読めないようになるのです。

白い鍵マークは何?

鍵マークの付いているトークはLetter Sealingで保護されているトーク内容です。

現在はまだ全てのトーク画面に付いていない人も多いと思いますが、随時対応されていきます。

ただし、トーク相手がLetter Sealingをオンにしていない場合には鍵マークは表示されません

スポンサーリンク

Letter Sealingの設定方法

iOSアプリ、Androidアプリ共にLINEバージョン6.5にアップデートをすると、初期設定で全ユーザーがLetter Sealingの設定はオンになっています。

ただし、念のため確認しておいた方が良いでしょう。

1.設定画面に行く

LINEの画面から「その他」→「設定」に進みます。

2.トーク・通話の設定へ

設定欄の「トーク・通話」をタップします。

3.Letter Sealingの有効化

Letter Sealingの欄が緑の有効化状態になっていれば、設定はOKです。

Letter Sealingの注意事項

以下の場合には暗号鍵が変更されるため、機種変更後の端末でトーク内容を閲覧できなくなる場合があります。

  • Letter Sealingが適用されたトーク内容が未読状態のまま機種変更を行った場合
  • 既読状態の場合でも、パソコン等のサブデバイスからのみ閲覧を行ったトーク内容

機種変更時の対策

機種変更時には、未読メッセージを機種変更前のスマートフォン端末で先に閲覧しておきましょう。

また、機種変更の際にLINEを長時間利用できなくなる場合は機種変更の最中に送られてきたメッセージの閲覧が出来なくなります。

対策として、機種変更前にLetter Sealingをオフに設定しておくことをオススメします。

オフにしておくことで、機種変更の最中に送られてきたメッセージを機種変更後の端末で受信・閲覧することが可能になります。

上述したLetter Sealingの設定方法で、3ステップ目の画面が白の無効になっていれば、解除完了です。

スポンサーリンク

Letter Sealingはオンにしておこう

特別な理由がない限りは、セキュリティ向上のためにもLetter Sealingはオンにしておくことをオススメします。

ただし、機種変更の前には注意が必要です。

引き継ぎの設定の確認などと共に、Letter Sealingの設定も確認しておきましょう。

おしまい。

ABOUTこの記事をかいた人

ちゃぴ

平成2年生まれ、小1と1歳の女の子のママ。2017年1月に3人目を出産予定。境界性人格障害など複数の精神障害を抱えながら元気に生きているただのゲーム好き。好きなゲームはポケモン・モンハン・ドラクエなど。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です