EXPANSYSでGalaxyS7を購入!日本はEdgeだけだから…

お久しぶりです!ちゃぴ(@chapilog)です。

Galaxyシリーズ最高傑作のGalaxyS7とS7Edgeですが、残念ながら日本での発売はdocomoとauからEdgeのみの発表でしたね。

ここで声を大にして言いたい。

何故無印が無いんだ!!!

私はどうしてもあの左右の液晶のエッジが気に入らないんですよ。だって、必要性が感じられないんですもん。

もしかしたら、使い方によっては便利なのかも知れない。でも私には必要無い。

ということで、無駄に1万円ほど高いEdgeは買う気になれなかったので、GalaxyS7を個人輸入してみました。

白ロムの個人輸入ならEXPANSYS

この手のサイトは沢山あるんですが、EXPANSYSはサイトが日本語されているので見やすくて良かったです。

あと、安い。凄く大事。

ということで、EXPANSYSでGalaxyS7を眺めること約1ヶ月。

旦那に「欲しいな~」アピールをしたりしている間に、長女に使わせていたXperiaが不調になり…。

「私がGalaxyS7に変えて、長女には今あるGalaxyS6を持たせる!」と、言っていたら「良いよ、買ったら?」とOKを貰ったので早速注文!

ただ…私はとてつもなく英語が苦手。

住所を英語で入力しないといけないと知って旦那(大学時代専攻は英語)にお願い。

お恥ずかしながら、それくらい英語が駄目です。MissとかMrsとか、違いがわかりません。

(あとから調べて既婚女性がMrsなのは覚えましたw)

発送は慣れ親しんでいるクロネコヤマトで、海外への銀行振込は怖かったので代金引換便にしておきました。

そんなこんなで日曜日の夜に注文が完了。

GalaxyS7本体が67,985円、送料が1,400円で合計69,385円でした。

到着までの間に準備

GalaxyS7到着までに必要なものを揃えておこうとAmazonをフル活用!

ただ、困ったことに日本未発売なのでケースやフィルムがなかなか無い…。

しかし、そこはA~Zまで全てが揃う天下のAmazonさんなので何とか希望のものを見つけました。

・スマホケース
・保護フィルム
・microSDカード(128G)
・スマホ用三脚

合計金額が9,043円でした。

スポンサーリンク

GalaxyS7到着

image

毎日毎日「まだかな~」と言っていたら注文から4日の木曜日の朝に到着しました。

本体代と送料の他に関税と代引き手数料が3,100円追加されて支払ったのは72,485円でした。

ということで、今回GalaxyS7と諸々にかかった合計が81,528円!

キャリア版のGalaxyS7Edgeが約10万円だということを考えると充分安くで買えました。

ちなみに今回購入したのは香港版のSIMフリーモデルです。

欧州版のGalaxyはリージョンロックがかかっていて現地のSIMで5分以上通話しないと使えませんのでご注意を。

早速開封。

image

派手すぎないピンク。やっぱりピンクにして正解だった。

image

日本のキャリア版よりも付属品が多いのも特徴。日本のキャリア版は箱がスカスカになりがちな印象です。

image

ちなみに付属のACアダプターは日本のものとは規格が違うので、使用出来ません。

それにしても太いな~。

image

電源を入れると言語設定から始まります。もちろん日本語もありました。

とりあえず手元にあったdocomoのSIMと楽天モバイルのSIMを差してみましたが、どちらも問題なく使えました。

海外スマホは技適マークが無い

これも有名ですが、知らない方のために一応。

日本で発売されているスマートフォンには、全て技適マークが付いています。

image

技適マークがない無線通信機を日本国内で使用することは、電波法違反となることがあり禁止されています。

この場合1年以下の懲役、または100万円以下の罰金刑となります。

では、何故日本にSIMフリースマホが輸入出来るのか。

実は技適マークがないスマートフォンを使用していたからと、実際に罰せられた人は現在のところ存在しません。

日本には毎日多くの外国人が訪れます。

そして訪れる外国人の多くは、技適マークの付いていないスマートフォンを日本国内に持ち込みます。

飛行機の手荷物検査で全てのスマートフォンの技適マークをチェックするのは不可能です。

警察官は観光客の外国人を見かけたら、全員に職務質問しないといけなくなってしまいます。

そして、それを全て捕まえていたらとんでもない手間な上に、日本に訪れる外国人はいなくなってしまうかも知れません。

そのため、現在はスマートフォンに対しては全くと言って良いほど機能していない法律となっています。

ただし電波法違反として罰せられないとは限りませんので、個人輸入の際はあくまでも自己責任となります。

実際に触ってみた感想

まだほとんど触れていないんですが、GalaxyS6よりも優秀なのは確かです。

ゲームごとに解像度を変えられたり、画面の録画が簡単だったり、何より防水・防塵にmicroSDカードが使える。

スマホ用三脚も買ったので、近々S6とS7で写真を撮り比べてみようと思います。

image

あと、画面がオフになっても時計が出続けてくれるこの機能、地味に凄く便利です。

おしまい。

ABOUTこの記事をかいた人

ちゃぴ

平成2年生まれ、小1と1歳の女の子のママ。2017年1月に3人目を出産予定。境界性人格障害など複数の精神障害を抱えながら元気に生きているただのゲーム好き。好きなゲームはポケモン・モンハン・ドラクエなど。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です