なかなか落ちない背中のお肉を落とすエクササイズ方法

どうも、ちゃぴ(@chapilog)です。

ダイエットを頑張っていくら体重が減っても、なかなか落ちないお肉ってありますよね。

中でも、背中のお肉はなかなか落ちない上に自分では見えないから油断してしまいがち。

今回は背中のお肉を落とすエクササイズ方法をご紹介します。

背中の肉に悩む人多数!

なかなか落ちない背中のお肉に悩む人は多いようです。

このように背中のお肉に悩む人は後を絶ちません。しかし、そんな悩みの原因である背中のお肉を落とす方法がわからない方も多いようです。

同じような疑問を持っている方はいませんか?今回はこのように悩む方のために背中のお肉とサヨナラする方法をご紹介していきます!

背中にお肉がつく原因

もちろん太ってしまって全身につくのと同時に背中にお肉がつくこともありますが、スラッとしているのに背中にだけお肉がついていて勿体無い人もいますよね。

背中にお肉がつく原因には肩甲骨のゆるみが関係しています。

デスクワークが多くて前かがみになることが多かったり、猫背だったりすると肩甲骨が開いてしまいます。それによって背中の筋肉が使われなくなり、結果的にたるんだり脂肪が付いたりしてしまうのです。

また全身太ってしまったと言う方も同じく、背中に贅肉が付いたことによって正しい姿勢をキープすることが出来なくなります。それにより肩甲骨が開いてしまい、悪循環に陥ります。

スポンサーリンク

肩甲骨を閉めよう!

さて、背中にお肉がつく原因がわかったところでまずはその原因である肩甲骨を閉めるエクササイズをしましょう。

1.足を肩幅の広さに開き、軽くこぶしを握って腕を前の方へ伸ばします。

2.息を吐きながら、ゆっくりひじを後ろの方へ引いていきます。この時、肩甲骨が内側の方へグッと入っていることを意識して下さい。

1と2を1セットとして、一日10セット続けると効果的です☆

とても簡単な方法ですので是非実践してほしいと思います。

今あるお肉とサヨナラしよう!

上で書いたエクササイズ方法に加えて行うことでスッキリとした背中を手に入れるエクササイズをご紹介します。

用意するもの:タオル

1.タオルを両手で持ち、ひじを伸ばして頭の上へ上げ、タオルを引っ張る。

2.息をゆっくり吐きながら、タオルを引っ張ったまま頭の後ろへ下ろす。

3.息を吸いながら上に上げて元の体勢に戻します。

1〜3を1セットとして1日10セットを目安に行って下さい。

次のエクササイズ方法は少し辛いですが、背中だけでなくお尻や太もも、お腹周りにも効果があります。無理のない程度に行って下さい。

1.まず手首の真上に肩が来るように両手の平を床につけ、そのまま膝を伸ばします。この時、肩甲骨の間の背骨を天井に押しあげ、腰が反らず、膝も曲がらないように注意。そのまま、数回呼吸を繰り返します。

2.右膝を曲げて、膝と胸を近づけます。この時お腹を丸めるように腹筋で膝から床を遠く引き上げるイメージで行いましょう。

3.右足を元の位置に戻して、左足も同じように行います。

左右各5回ずつを1セットとして、1日1回以上を目安に行いましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は背中のお肉を落とすエクササイズ方法をご紹介しました。

背中にお肉が付いていると、どうしてもマイナスな印象を与えてしまったり、老けて見えてしまったりします。

なかなか落ちない背中のお肉にサヨナラをして、素敵な後ろ姿を手に入れましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ちゃぴ

平成2年生まれ、小1と1歳の女の子のママ。2017年1月に3人目を出産予定。境界性人格障害など複数の精神障害を抱えながら元気に生きているただのゲーム好き。好きなゲームはポケモン・モンハン・ドラクエなど。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です