旦那(嫁)・主人(家内)・夫(妻)知らないと恥ずかしいシーン別配偶者の呼び方の違い

ブログでは旦那と書いています。どうも、ちゃぴ(@chapilog)です。

あなたは、自分の配偶者のことを人に話すときに何と呼んでいますか?

旦那(嫁)・主人(家内)・夫(妻)には、それぞれ意味の違いがあります。

今回は、知っておかなければ恥ずかしい、シーン別の配偶者の呼び方について記載していきます。

旦那(嫁)・主人(家内)・夫(妻)の違い

そもそも、全て配偶者を指す言葉なのに、何故日本語ではこんなにも種類があるのでしょうか。

例えば英語で『ワイフ』という言葉は、辞書でひくと『妻・女房・家内』という意味となります。

それぞれの呼び方には一体どんな違いがあり、どんなシーンで使用するのが適切なのでしょうか。

旦那(嫁)

一般的に、現在の若い世代では使用される頻度が一番高い『旦那(嫁)』という呼び方。

この呼び方は、後述する主人(家内)よりも、くだけた印象を持つため、親しい間柄(友人間)で使用されるのが一般的です。

また固い印象を与えたくない場面でも使用されます。

奉公人や芸者さんが男性に向けて『旦那さん』と使用することもあり、嫌悪感を抱く方もいます。

主人(家内)

年配の方になるほど、この呼び方は多いです。

この呼び方は、目上の人に対して自分の配偶者を指す時に使用するのが一般的です。

上述した理由などから『旦那』と呼ぶことに嫌悪感がある方や、家の『主』が男性だった世代に広く使用されています。

しかし、年齢が若くなるほどに固い印象を与えます。

また、その字の通り『家』の『内』に女性配偶者がいた世代が使用することが多く、若い世代には反感を買いやすい言葉でもあります。

夫(妻)

夫(妻)というのは、配偶者を指す記号のようなものであり、書面などで使用するのが一般的です。

目上の人に対して使用する方もいますが、目上の人に対しては『主人(家内)』が正しいと言えます。

夫(妻)は配偶者を指す記号であり、それ以上の意味はありません。

スポンサーリンク

まとめ

若い世代に対して『主人(家内)』と言うと「おばさん(おじさん)」と言う印象を与えてしまいますし、年配の世代に対して『旦那(嫁)』と言うと失礼に当たることもあります。

時代の流れとともに日本語の使用されるシーンというのは変わっていくものです。

配偶者の呼び方に対してとやかく言う人はそこまで多くはありませんが、きちんと使い分けられると失敗する心配もありませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

ちゃぴ

平成2年生まれ、小1と1歳の女の子のママ。2017年1月に3人目を出産予定。境界性人格障害など複数の精神障害を抱えながら元気に生きているただのゲーム好き。好きなゲームはポケモン・モンハン・ドラクエなど。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です