アイコンを丸く出来る脱獄アプリ「RippleBoard」波紋アニメーションも表示出来る!

どうも、ちゃぴ(@chapilog)です。

今回は、アプリアイコンを丸く出来る脱獄アプリ『RippleBoard』のご紹介です。

また『RippleBoard』を使用すると、アプリを起動する際・起動中アプリ・タップした時に波紋アニメーションを表示させることも出来ます。

もちろんiOS8.4にも対応していますよ\( ˆoˆ )/

RippleBoardのインストール

リポジトリはBigBossですので、追加はありません。

Cydiaで『RippleBoard』と検索すると出てきますので、インストールして下さい。

スポンサーリンク

RippleBoardの使い方

『RippleBoard』は別の脱獄アプリを使用しなくても、アプリアイコンを丸くすることが可能です。

また、フォルダアイコンも丸くなります。

RippleBoardの設定方法

iOS端末の設定から『RippleBoard』を選んで設定していきます。

『Enabled』:オンにすると機能が有効に

『Round Icons』: アイコンを丸形に変更

『Launch Ripple』: アプリ起動時に波紋を表示

『Touch Ripple』: タップした際に波紋を表示

『Running Apps』: バックグラウンド動作中アプリに波紋を表示

【RIPPLE RANGE】: 波紋の大きさを調整
【RIPPLE DURATION】: 波紋アニメーションの速度を調整

変更後は最下部「Respring to Save Changes」からRespringして適用して下さい。

まとめ

『WinterBoard』なども必要なく簡単にアプリアイコンを丸く出来ますので、手軽にホーム画面の雰囲気を変えたい方にはオススメです!

ABOUTこの記事をかいた人

ちゃぴ

平成2年生まれ、小1と1歳の女の子のママ。2017年1月に3人目を出産予定。境界性人格障害など複数の精神障害を抱えながら元気に生きているただのゲーム好き。好きなゲームはポケモン・モンハン・ドラクエなど。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です